紫外線が目に与える影響

紫外線対策と言えば、お肌に対するケアをイメージされる方が多いのではないでしょうか?

紫外線がお肌に与える影響はもちろん大きいですが、お肌以外に目も実は紫外線による影響を受けているのです。目が紫外線を浴びてしまうことによって、目の健康を損ねてしまう可能性も出てきます。

memo3

ですので、お肌と同様に目もしっかりと紫外線対策をしなければいけないのです。ほんの少し目に紫外線を浴びたからといって、目の健康を損ねるということはありません。

ただ、屋外で長時間過ごすことがある方は、紫外線が目に与えるダメージがどうしても大きくなってしまいますので、目の紫外線対策を忘れないようにして頂きたいです。目の紫外線対策と言えば、紫外線をカットすることが出来るサングラスを着用することです。

このサングラスを購入する際には、紫外線透過率に着目をするようにして下さい。紫外線透過率が高ければ高いほど、紫外線を遮る効果が高いと言われています。また、サングラス以外にも、帽子や日傘も目の紫外線対策には効果的です。

目に紫外線を浴びたと思ったときは、目をひやしたり、目薬を使うなどしてアフターケアも忘れないようにしましょう。目は思った以上に紫外線からの影響を受けています。

お肌のように目に見える形での変化は少ない分、しっかりと紫外線対策をしなければいけないのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ