むくみが気になるのなら運動をしよう

むくみが気になるのであれば、運動を生活に取り入れると良いです。特に足のむくみの場合、重力の影響や長時間、足を動かさないなどといったことだけでなく、足の筋肉そのものが衰えている可能性があります。
足を動かして、筋肉のポンプを使うことで静脈やリンパの流れを促すことができるため、適度な運動をすること、そのものがむくみの解消に役立ちます。

運動といっても、激しいスポーツをする必要はありません。散歩程度でも効果は期待できます。階段の上り下りやスクワットなど、手軽にできることも効果がありますので、なるべく足を動かすようにしましょう。
mimic
血液は心臓のポンプ作用によって全身に送り出されますが、戻るときには筋肉の働きによって戻り、心臓から遠くなればなるほど戻りにくくなります。筋肉のポンプを使うのは血管だけでなく、リンパも同じです。心臓から特に遠い足は、このポンプ作用がとても大切です。そのため、ポンプ作用が弱くなるとむくみが生じてしまいます。座ったままデスクワークなどをしているとむくみやすくなってしまうのはこのためです。
動かさないということもよくないのですか、筋肉が衰えてしまうことによっても筋肉のポンプ作用は弱くなります。運動不足や加齢により筋肉は衰えますので、運動不足や加齢によってむくみやすくなってきます。

加齢を止めることはできませんので、むくみが気になるのであれば、運動をして筋肉のポンプ作用を強くすることが必要です。ジョギングやスクワットといった運動をすることで足を鍛え、筋肉のポンプ作用を強くすることができます。運動はなんでも構いませんので、ジョギングなどのように時間を作らないと難しい運動は忙しくて難しいという方は、手軽にできるスクワットを取り入れるとよいです。エレベーターやエスカレーターを避けて階段を使ったり、通勤のときに一駅分余分に歩くなどの方法も効果的です。足を動かせる機会をなるべく活かして、無理のない範囲で運動するようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ