しわの原因と乾燥

肌の乾燥は、しわが肌にできるようになる原因の一つです。顔を洗った後や風呂から出た後、化粧水などで肌を十分に潤し、水分を与えておく必要があります。乾燥が続くと、お肌の層の中でも、一番外側の角質層が乾いて剥がれやすくなってしまいます。乾燥が進んでこの角質層が剥がれると隙間ができます。隙間から、さらにお肌に必要な水分が蒸発してしまうと、水分が無くなったお肌はさらに薄くなりしわになるわけです。しわの原因のひとつであるこの乾燥がさらにひどくなると大変です。保湿力が低下した肌は、外界の刺激から肌を守る能力も低くなるため、肌の炎症やにきびが増える原因にもなるものです。肌はバリア機能が低下すると紫外線による作用も受けやすくなってしまうため、よりしわやたるみの原因になりえます。しわの原因のひとつである乾燥を食い止める為には方法があります。お風呂や洗顔などで、石鹸や洗顔剤を使った後は、なるべくすぐにローションを使って肌を潤す事が必要です。ローションで肌が潤った後は保湿クリームなどをしっかりと塗りましょう。潤いを逃がさないようにする事も、しわの原因である乾燥を防ぐためには重要なポイントです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ